ゴルフ 飛距離 クラブ スイング

年齢とともにドライバーの飛距離が落ちてきてしまった。そんな悩みを抱えるシニアプレイヤーは少なくありません。若いうちはパワーで飛距離を稼げても、年齢につれてパワーが衰えれば飛距離が伸び悩んでしまうのは当然です。飛距離を武器にしていたパワーヒッタータイプのゴルファーは歳を重ねるに連れてどんどん成績が落ちていってしまいがちです。
MENU

年齢とともに落ちてきたゴルフの飛距離はクラブとスイングでカバーする

年齢とともにドライバーの飛距離が落ちてきてしまった。そんな悩みを抱えるシニアプレイヤーは少なくありません。若いうちはパワーで飛距離を稼げても、年齢につれてパワーが衰えれば飛距離が伸び悩んでしまうのは当然です。飛距離を武器にしていたパワーヒッタータイプのゴルファーは歳を重ねるに連れてどんどん成績が落ちていってしまいがちです。

 

しかし、シニアの仲間入りをしたからといって諦める必要はありません。年をとってからでも十分な飛距離を生み出す方法はあります。若いころのようにパワーで飛距離を稼ぐのは難しくても、パワー以外の方法で飛距離を生み出せばよいのです。

 

最も手軽に飛距離を生み出す方法として、使用するクラブを見直してみましょう。若い頃から愛用している使いやすいクラブほどパワーよりのセッティングをされているものですから、シニアとしてのプレースタイルに合っていない可能性が高くなります。現在のプレースタイルに合わせたクラブ選びを心がければ、再びドライバーで十分な飛距離を生み出すことができるでしょう。

 

パワーヒッタータイプ向きのドライバーは十分な筋力があるプレイヤーには頼もしい武器ですが、パワーが足りないと弾道が安定せず飛距離も伸びません。シニア向きのクラブとして振りやすく確実にヒットできるタイプのドライバーに切り替え、パワーではなくスイングで飛距離を伸ばすことを目指しましょう。

 

参考:シニア層に人気のゴルフドライバーランキング!

 

ゴルフボールの飛距離というのはパワーだけで生み出されるものではなく、正しいフォームによって生み出されるものです。十分なパワーがあれば少々フォームが崩れていても飛距離を稼げますが、年と重ねてからはそのプレースタイルは通用しません。扱いやすいドライバーに切り替えより良いスイングを心がけることで、パワーを使わずに十分な飛距離を稼ぐことができます。

 

シニアにおすすめのゴルフクラブのメーカーとしては扱いやすさに定評があり日本人プレーヤー向けに研究され尽くしているダンロップ、スポーツ性が高くテクニックを最大限に発揮できるミズノ、インパクト感に定評がありストレートボールが打ちやすいキャロウェイなどが候補としてあげられます。

 

スイングそのものを見直すことも重要です。とにかく早く力強く振りぬくことを一番に考えるスイングはシニアプレーヤー向きではありません。大切なのはスイングフォームとタイミングであり、力任せに振るようなスイングとは決別する必要があります。

 

年齢を重ねたことで衰えてしまう部分も多いですが、テクニックやフォームによってそれ以上にカバーできるのがゴルフというスポーツの魅力です。衰えの見えてきた飛距離も、上手に対処すればそれまで以上に伸ばすことだって不可能ではありません。

 

できなくなってしまったことと今できることを見つめ直し真摯に対策を取れば、再び十分な飛距離を生み出すドライバーショットが実現するでしょう。

 

飛ぶドライバーをお探しならこの高反発ドライバーしかない!

このページの先頭へ