ゴルフ スイング 飛距離

頭ではわかっているのです。本やビデオ、プロのスイングや解説、頭では理解していても体が理解してくれないということはありませんか?
MENU

ゴルフは滑らかで無駄のないスイングを体で覚えれば飛距離は伸びる

頭ではわかっているのです。本やビデオ、プロのスイングや解説、頭では理解していても体が理解してくれないということはありませんか?

 

慎重に構えて、バックスイング、スイングトップまで来た瞬間、頭が上下にぶれたり悪い癖が出たりして思うようなスイングができないことは珍しくありません。どうしても、「ボールをバシーンをひっぱたいて遠くまで飛ばしてやろう」という誘惑に駆られて、力が入ってしまうものです。

 

無駄な力が入ると回転軸がぶれて歪んだ軌道のスイングになったり、ダフったりしがちです。上手くスイングしているつもりでも、ゴルフ練習場で自分のスイングをビデオ録画して確認すると、ギクシャクしたスイングになっていることがわかることもあります。

 

後でビデオなどで見ることはできるとしても、スイングの最中に自分では見えないので困ります結局、滑らかなスイングの感覚を体に覚えこませるしかありません。

 

そのためには専用のトレーニング方法が必要となります。それはゴルフボールを打つことではありません。真っ直ぐ飛ばすためのトレーニングでもありません。滑らかな動きを体の感覚でつかみ取るためだけのトレーニングです。

 

必要なのはクラブが1本、ボールは不要です。クラブはアイアン5番〜1番の長いめのものか、ドライバーなどがよいでしょう。シャフトが長いほど、スイングがギクシャクしやすいので、ロングアイアンかドライバーを使いたいのです。長さがあってクラブと同程度の重さなら、ただの棒でもかまいません。傘などは軽くて短いのでダメです。

 

適当なクラブを選んだら、軽くスイングするのですが、ここでコツがあります。まず、通常通りのスイングを軽くフィニッシュまで、しかしそこで終わりません。そこから、ビデオを逆再生するようにスイングトップまで戻します。

 

つまり、行ってまた帰ってくる往復のスイングです。この往復を軽くくり返して、クラブの動きと体の動きや力の入り方に全く違和感がないようにします。クラブの回転に自然に体がついて行く感じでスイングできていれば、それがベストな回転軌道を描いているスイングとなっています。

 

そのような往復のスイングをくり返して、回転の中心が自分の首の辺りになるように修正していきましょう。そうすると、頭が上下にぶれることがなく無駄な力も入っていない、しかも回転軌道が歪むこともない滑らかなスイングになっています。

 

この方法でやると、最も適切なスイングトップの位置もわかりますし、正しい回転軌道もわかります。これを繰り替えしながら、クラブの位置や体の動きを全身の感覚でしっかりと覚えるわけです。

 

ボールを実際に打つときには、このスイングを2往復ほど心の中でやったつもりで、その3往復めにボールを打つ感じでやってみるとよいでしょう。

 

飛ぶドライバーをお探しならこの高反発ドライバーしかない!

このページの先頭へ